H&Mの持ち込み

ZARAといえば、スペインのファストファッションブランド。
特徴は、流行と同期しないというのが”売り”で、イメージとしては、北欧H&Mの南欧版みたいな感じです。
デザインから商品化までが、非常に早く、いわゆる新興国に大量に生産を発注する、ファストファッションブランドです。

 

 

一見、高級ブランドに見えるその公式サイトですが、日本では輸入送料を加えて、本国より高い価格帯なので有名ですね。
古着の買取では、H&Mについで持ち込まれるケースが多いのですが、実態は、ほとんど取り扱ってくれません。
これは、セレクトブランド買取りのラグタグでも全く同じです。

 

 

日本のセレクトブランドは、縫製に関しても、国内でチェックし、品質は国内基準であるため、外国製でも、質はかなり高いです。
一方、ZARAを始めとした、ファストファッションは、大量発注で不良品コストを、同じ品物を大量生産でカバーしています。
一般的に、全てが機械縫製のため、布の接合面が弱く、生地もプレスに向かない品質のため、長く着ることは難しいですね。

 

トップページ

 

セレクトブランドと比較

 

あまり長く着ることが出来ないということは、ラグタグのような、高品位のセレクトブランド品と肩を並べて販売しては、お店の信用も落ちてしまいます。
従って、ZARAなどは、適材適所で、着潰して消耗するものと、開き直った方が良いのです。
デザインは、それほど悪くはありませんから、商品としての価値は、ZARAでも決して低いわけではありませんが、やはり、使用した経緯から、劣化が避けられないブランドなのです。

 

ファストファッションとは、そもそも、そういった誰でも気軽に、今流行のファッションのテイストを味わえる、非常にリーズナブルな商品、そう考えるのが妥当です。
常に買い替えて、クローゼットの中身を新調するか、大切に、良い物を長く愛する事は、人それぞれ。
何が悪い、何がベストだとは、断定出来るものではありませんね。